親の個室

子供部屋におしのけられる親の個室
我が国の個室をめぐる状況の特徴は家の中で子供部屋が非常に高い地位を与えられているということです。欧米の労働者階級の伝統的な住まいでは部屋数が不十分な場合、まず親の寝室の確保が優先されます。それに対して、日本では親の部屋は確保できなくても子供にはそれぞれ専用の部屋を与えようとします。このような住まいの中での個室のあり方を反映してか、親の個室に関する議論は子供部屋のそれに比べて少ないようです。とくに父親の場合はまだほとんどありません。したがって、ここでは親の個室についてまず、母親の個室の問題について考察し、ついで父親の場合について若干触れることにします。ただ親の場合、個室が夫婦の寝室として共有されることが多いため、以下の議論でも時に両者の寝室を含む場合があります。○母親の個室.母親の個室l希望は強いが低い所有率.まず、どれくらいの既婚女性が自分の部屋といえる空間を確保しているのでしょうか。個室を希望する女性は約六割ですが、親との同居、意識・態度などで違いがあります。すなわち、親と同居している場合、自立的な態度が強い女性ほど個室所有の希望が強く現れるようです。←地下室を含めた不動産情報はこちらから。しかし、実際に個室を所有しているのは二割にすぎません。ただ、個室に替わる空間(夫婦の寝室、仕事部屋、コーナーなど)は三四%の女性が持っていると答えています。また、別の調査では数字はさらに低くなり、六%と報告されています。

FH022_L

Comments are closed.